三鷹オスカーについて

三鷹オスカーの姿 (鶴田浩司氏と鶴田法男監督による解説つき)

 20100126162757_1.jpg 三鷹オスカーは三鷹コラルのコージーコーナーあたりにありました。
看板下の右手のシャッターは三鷹オスカーの二階にあった喫茶店「バンビ」の入口。
三鷹オスカーと同じ鶴田浩司、法男の父、故・鶴田啓次郎が経営していました。スパゲティが美味しいと評判でしたが、70年代後半に閉店。その後はオスカーの倉庫になっていました。
  20100126162757.jpg 1990年12月30日、閉館を惜しんで駆けつけてくださった観客の皆さんの行列。
せっかくいらしたのに入場できなかったお客様もいたそうです。
また、最終上映終了後の「さよならパーティー」の入場を待つ方々が劇場前に溢れたために路線バスの運行を止めてしまい劇場スタッフが怒られたなんて事もありました。
ここはチケット売り場(業界用語でテケツと言います)。
閉館日は三鷹オスカー開業当時の一般入場料500円で上映しました。
20100126162651_2.JPG

三鷹オスカーのロビー。
この真後ろに飲み物の自動販売機があり、左手の入口側に売店がありました。ただし、ちょっとしたお菓子しか売っていませんでした。お腹の減った人は劇場隣のパン屋「好味屋」さんでパンやサンドイッチを買っていました。
写真左右の花は閉館日だから飾ってあるので普段はこんなしゃれた物は置いてありませんでした。
20100126162651_1.JPG

左端に見えるのが劇場入口のドア。そして、右手にあるのが売店の向かい側のボードです。
普段は上映予定作品のポスターを貼っていましたが、閉館日はこれまでのラインナップ(カードサイズの上映時間表)を貼り出しました。

20100126162651.JPG

ポスター右の解説全文。
「最もお客さんの来た番組。『レッドツェッペリン/狂熱のライブ』、『ジーザス・クライスト・スーパースター』、『ロッキー・ホラー・ショー』の3本立て。1979年9月11日より17日までの1週間で3,941人が入場。また、同番組上映期間中の9月15日の1日で983人を動員。なお当時は一般500円、学生400円だったにもかかわらず興行収入も1週間で1,582,850円と歴代2位を記録。」
20100126162743.JPG

 三鷹オスカーの特徴はトイレがロビーではなくスクリーン左右の場内にあった事です。
左手が男子、右手が女子でした。実は三鷹オスカーはスーパーマーケットを劇場に改造したのでトイレが場内にできてしまったのです。また、1階の天井をぶち抜いて空間を作ったので当時の普通の劇場よりも天井が高くなり大きなスクリーンが設置されていました。
それにしてもスクリーン脇のトイレに人が出入りすると観客にはわずらわしいばかりなのですが、怒る人は誰もいませんでした。当時の人々はおおらかだったのでしょう。
20100126162720.JPG
三鷹オスカーの客席数は180席強でした。
今のようにカップホルダーなどありません。80年代に椅子を取り替えたのですが、中古だったので直ぐに傷んでしまい閉館までの間はガムテープの応急処置でもたせました。
でも、たまに飛び出したバネで洋服が破れてしまう不運なお客様がいて、そんな時は当然、弁償をしました。
今だから明かしますが、傷みが激しかったのは3本立ての長丁場の間に椅子のほころびを指で遊んで広げてしまうお客様が多くいらした事も大きな要因でした。
 20100126162720_1.JPG

この映写機は何十年も変えずに使っていましたが、修理を重ねるうちに元々がどこのメーカーの映写機だったのかさえ分からなくなっていました。
修理の度にパーツが変わったり、修理業者さん自体が廃業して別の業者さんに頼んだりしていたからです。
ちなみに、映画は10分〜20分ごとに巻が分かれており、2台の映写機で交互に巻を映写して一本の作品を上映します。
三鷹オスカーもこの写真の隣にもう一台の映写機があり映写技師さんが手動で切り替えていました。現在のシネコンでは巻を一本に繋いで一台の映写機でオートマチック上映しています。

FH020012.jpg

閉館の夜に事務所の扉に描かれたイタズラ描き。三鷹オスカーが取り壊される前に、この扉を記念に持ち帰った人がいました。
 20100126162707_3.JPG  『ジーザス・クライスト・スーパースター』と『ロッキー・ホラー・ショー』のポスターが剥がされて描かれたイタズラ描き。
中段の左から法男、浩司、そして社長の啓次郎の似顔絵。
啓次郎がフレッド・アステアに似ていると言っていた劇場の常連さんが「アステアLOVE」と書いてくれたようです。
 
20100126162720_2.JPG

場内出入り口脇に描かれたイタズラ描き。
左が社長の啓次郎で、右はなぜか米国俳優のチャールトン・ヘストン。
描いたのは三鷹オスカーのラインナップのイラストを長年、手掛けてくれていた芥川秀明氏。浩司の大学の同級生で、現在は真っ当な会社員として生活されています。
ヘストン氏は’08年に亡くなったのですが、実は啓次郎も同年に帰らぬ人となりました。
ここに一緒に描かれたことでご縁が出来てしまった??? などと記すと芥川氏に失礼ですね、≦(._.)≧。

Comments are closed.