上映内容_2012

三鷹の映画人Vol.01「鶴田 法男監督特集」

「三鷹」に縁がある映画人にスポットを当てようと企画した「三鷹の映画人」。
第一弾は、フジテレビ『ほんとにあった怖い話』でも活躍の鶴田法男監督特集。
女優の発掘には定評があります。初々しい仲間由紀恵も必見!

上映日時

11月23日(金・祝) 12:30 開場

チケット情報

一日券(二本立て/定員150名)
前売券:1日券1,600円(税込)/1人
当日券:1日券2,000円(税込) /1人

前売券の購入

※会場は常設映画館とは画質・音質とは違い、座席はパイプ椅子となっております。
 あらかじめご了承ください。


おろち
上映開始 13:00
[2008年 東映 カラー ビスタ 107分 日本 35mmフィルム]

原作:楳図かずお 監督:鶴田法男
脚本:高橋洋 音楽:川井憲次
出演:木村佳乃、中越典子、谷村美月、山本太郎、嶋田久作
製作:「おろち」製作委員会

前売券の購入
おろち
(C)2008「おろち」製作委員会
ストーリー

不老不死の謎の美少女?おろち?は様々な人間の生死を見つめてきた。昭和25年、彼女が潜り込んだ門前家には美しい姉妹がいた。だが、門前家には29歳を過ぎると美貌が崩れて化け物のようになって死ぬという秘密があった。ある日、妹の理沙は死に際の母から、さらに信じられない秘密を明かされた。楳図かずおの同名漫画を『リング0』の鶴田法男&高橋洋コンビが原作者への徹底したリスペクトで完成させた絢爛豪華な怪奇ロマン。女の執念を体当たりで表現する木村佳乃、中越典子の凄まじいバトルや、谷村美月のクール・ビューティーぶりも必見!


特別企画

脚本・高橋洋×監督・鶴田法男による生オーディオ・コメンタリー(イヤホンガイド)実施!
『おろち』上映中、鶴田監督と脚本家:高橋氏の生の解説がイヤホンガイドで聴けます!
30台限定。レンタル料500 円、デポジット料(保証金)500 円。イヤホンガイドを貸し出します。『おろち』上映終了後、イヤホンガイド返却の際にデポジット料(保証金)をお返しします。当日、受付でお申し出ください。(数に限りがありますので、あらかじめご了承ください。)


リング0〜バースデイ〜
上映開始 15:10
[2000年 東宝 カラー ビスタ 99分 日本 35mmフィルム]

原作:鈴木光司 監督:鶴田法男
脚本:高橋洋 主題歌:L’Arc〜en〜Ciel
出演:仲間由紀恵、田辺誠一、麻生久美子、田中好子、雅子
製作:「リング0〜バースデイ〜」製作委員会

前売券の購入
リング0〜バースデイ〜
(C)「リング0〜バースデイ〜」製作委員会
ストーリー

昭和43年、山村貞子18歳。彼女はある劇団の研究生だったが、劇団の人気女優が突然死したのをきっかけに不可解な現象が起き始める。やがて、すべての元凶が貞子にあると確信した劇団員たちは貞子に襲いかかった…。90年代初頭より発表した数々のビデオ専用映画が『リング』、『呪怨』、『回路』に影響を与え「Jホラーの先駆者」と呼ばれる鶴田法男がメガホンを取った大ヒットホラーの3作目。仲間由紀恵の初主演映画でもあり、本作を見た堤幸彦監督が『トリック』の主演に抜擢し、その後の彼女の活躍を決定づけた。仲間由紀恵の初々しさも見所。


特別企画

トークショー 17:00から 今だから話せる『リング』シリーズ裏話!
※予定は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
Plofile
鶴田法男(『リング0』監督)

鶴田法男(『リング0』監督) 60年生まれ。和光大学卒。父は三鷹オスカーを経営していた。’91年、ビデオ映画『ほんとにあった怖い話』(略称:ほん怖)が低予算ながら破格のヒットとなり後の映画『リング』(98)、『呪怨』(99)『回路』(01)、などに多大な影響を与えた事から「Jホラーの先駆者」と呼ばれる。また、『ほん怖』もフジテレビでシリーズ化されて今年で13年間メイン監督を務めている。最新映画は志田未来、川口春奈主演『POV〜呪われたフィルム〜』。
鶴田法男 Website http://www.eizoh.jp/tsuruta/

学生時代、?三鷹オスカーの息子?と呼ばれるのが自慢でした。
雅子(モデル)

雅子(モデル) 東京・日本橋生まれ。透明感のある美白肌の持ち主で、多数の女性誌を中心にCM、企業広告等で活躍。また映画『リング』シリーズで貞子の母・山村志津子を演じた他、竹中直人監督『サヨナラCOLOR』(04)等に出演。映画通として知られ、映画評なども執筆する。現在、映画情報サイト【CinemaCafe.net シネマカフェ】で「Aimez-vous le cinema ?」を連載中。好きなことは、映画鑑賞の他に大相撲観戦。

高橋洋(映画監督・脚本家)

高橋洋(映画監督・脚本家)
撮影:ヤスダ・アキオ
1959年生まれ。早稲田大学卒。90年に脚本家デビュー。中田秀夫監督と組んだ『女優霊』(96)、『リング』(98)でJホラー・ブームを引き起こす。後者は『ザ・リング』(02)としてハリウッドリメイクされ世界的にヒットした。近年は監督にも進出し『ソドムの市』(04)、『恐怖』(10)、今年はオムニバス映画『コラボ・モンスターズ!!』の中の一編『旧支配者のキャロル』を発表。また、映画に関する著書『映画の授業』、『映画の魔』も多数。愛知淑徳大学、映画美学校で後進のために教鞭も執っている。

Comments are closed.