これまでの活動実績 / 映画祭レポート2012

11月23日(金)「三鷹の映画人/鶴田法男監督特集」

映画祭レポート

「第3回 三鷹コミュニティシネマ映画祭」の初日は新企画「三鷹の映画人」の第1弾「鶴田法男監督特集」で幕を開けました。
元・三鷹オスカー番組編成の鶴田浩司さんと一緒にこの映画祭のアドバイザーを務める鶴田監督の『おろち』(08)、『リング0〜バースデイ〜』(00)の2本を上映。
最初の『おろち』上映前に鶴田監督が「自分は三鷹市在住ではないが父が名画座を経営していた三鷹は心の故郷である」、さらに「『おろち』、『リング0』は元々、高橋洋さんが監督に誘ってくれたから撮れた作品なので、実は今日は高橋洋映画祭である」と挨拶してゲストの脚本家・高橋洋さんを紹介してから上映がはじまりました。
好評だった「生オーディコメンタリー」
好評だった「生オーディオコメンタリー」
さて、『おろち』では高橋さんと鶴田監督による史上初(?)の生オーディオ・コメンタリーを実施。DVDやブルーレイでは当たり前になっている作り手のコメンタリーを上映劇場で実施しようという画期的試みです。
場内全員に聞こえてしまっては未見のお客様に迷惑なので歌舞伎や博物館の音声ガイド同様に希望のお客様にレシーバーを貸し出して聴いていただくというシステムでした。前例がないだけにスタッフ全員がドキドキでしたが、上映後のアンケートで「コメンタリーが楽しかった」という声も多数いただいたのでこの試みは成功だったと思います。
実際、高橋さんが「激昂した人物の気持ちが音楽で落ち着くのはテレビ『ウルトラQ/海底原人ラゴン』が元ネタ」と話したり、鶴田監督が「衣装合わせで山本太郎さんにハンチングと革のジャケットを着てもらったら『ロボット刑事K』にしか見えなかった」という今だから話せるオタクな裏話も登場して、笑いをこらえるお客様も多かったようです。
コメンタリーは話し手の負担が大きいので、高橋さん、鶴田監督には無理をしていただきましたが、来年も同様のことが出来ればと願っています。
トークショー出演者・関係が一同に介しました
トークショー出演者・関係が一同に介しました
さて、『リング0〜バースデイ』の上映終了後には鶴田監督、高橋さんだけでなく、『リング』シリーズで貞子の母、山村志津子役を演じたモデルの雅子さんも登壇して思い出の裏話に花が咲きました。
元々、映画『リング』は『女優霊』を作った監督と脚本家でいきたいと原作の鈴木光司さんが指名したことから高橋洋さんと中田秀夫監督に白羽の矢が立ったそうですが、実はその前に高橋さんが某映画会社に小説『リング』の映画化企画を持ち込んだものの、その頃既に高橋克典さん、原田芳雄さん主演でテレビ『リング』が作られていたのでヒットしないと断られたそうです。
また、雅子さんは原作を読んですごく怖いと思っていたところ映画のオーディションの話が舞い込んで面接を受けたら採用されたそうです。雅子さんは、年間160本位の映画をスクリーンで見ているシネフィルですが、本業はモデルなので『リング』がヒットしても女優業に積極的に取り組まなかったそうです。
そして、トークの途中からは『リング』シリーズで貞子の育ての父、伊熊平八郎博士役を演じた、元?人造人間キカイダー?の伴大介さん、『リング0』、『おろち』の編集を担当した須永弘志さん、そして『リング0』の初プロデュースを皮切りに『ピンポン』、『ジョゼと虎と魚たち』、『ノルウェイの森』などの話題作を手掛けてきた小川真司プロデューサーが飛び入り参加して話は盛り上がりました。特に『リング0』が初主演だった仲間由紀恵さんにまつわる興味深いエピソードを皆さんが語ってくれました。
小川プロデューサーが角川書店の角川歴彦社長(当時)に仲間由紀恵を主演にしたいとプレゼンした際に「この子は有名になるのかね?」と聞かれたので「絶対になります!」と答えて主演に決定した話とか、伴さんによれば、鶴田監督は仲間由紀恵が泣くまで怒っていたそうです。
一方の鶴田監督は無我夢中で作っていたのでそんな記憶がほとんど無いと語ったものの、「完成試写の際に仲間に自分の隣の席に座りなさいと言ったら、また怒られるんですか、と躊躇していたのを思い出した」と語り観客から笑いが漏れていました。
そのトークのまま本映画祭の魅力の一つ地元飲食店協力の?シネマカフェ?になだれ込み、ゲストの皆さんは壇上のままでビールやワイン、ソフトドリンクを楽しんで観客の皆さんとの懇談会となりました。
また、最後には鶴田法男ファンのたっての希望で鶴田監督の大学生時代の自主映画『トネリコ』を急遽上映して締めくくりました。
この初日は今までになく多くのお客様が?シネマカフェ?に残ってくださり、映画祭スタッフ、ゲスト、観客の皆さん関係なく楽しく交流が出来た会 になりました。
アンケートでは「他の映画祭にはない良い意味でアットホームな雰囲気の映画祭」と嬉しいご感想もいただきました。
鶴田監督も「今回は学校の文化祭ノリで皆さん楽しんでくれていた感じがある」と手応えがあったようです。はじめたばかりのちっぽけな手作り映画祭ですから、きっとこの「アットホームな」という言葉が重要かも知れないとスタッフ一同思った次第です。
なお、当日は「シネマトゥデイ」さん、「日本映画専門情報サイト」さんが取材をしてくれました。また、人気の個人サイト「嗚呼、テレ日トシネマ−雑記−」の管理人さんがご来場くださり素敵な感想をアップしてくれました。下記を覗いてみてください。
シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0047980
日本映画専門情報サイト(fjmovie.com)
http://www.fjmovie.com/main/news/2012/1123_mitaka.html
嗚呼、テレ日トシネマ−雑記−
http://d.hatena.ne.jp/eichi44/20121124

Comments are closed.